若返りのための肌ケア

皮膚が乾燥するとしわになる?乾燥のメカニズム

こんにちは。
今回は
皮膚が乾燥するとしわになる⁉乾燥のメカニズム
と題しまして、
皮膚のうるおいについて
皮膚のうるおいが減るとどうなるか
皮膚のうるおいが減ってしまう原因とは?
をご紹介していきたいと思います。

皮膚のうるおいについて

皮膚のうるおいは、
アレルゲンや微生物から身体を守る
バリア機能としての役割や、
身体の水分の蒸発を防ぐ役割
担っています。

皮膚は上から
表皮→真皮→皮下組織
の3層で成り立っており、
皮膚のうるおいは
表皮の角層周辺にある
皮脂膜
角質細胞間脂質(セラミド)
天然保湿因子
の3種類の成分で保たれています。

皮脂膜

皮脂膜とは、皮脂腺で作られた油分と
汗腺で生成された汗が皮膚表面で混じりあい
作られた物質です。
外部からの異物侵入を防いだり
身体の水分蒸発を阻止する役割
担っています。

角質細胞間脂質(セラミド)

セラミドを主とした油分で、
水分を吸着する性質があります。

天然保湿因子

アミノ酸を主体として成り立っており、
水分を吸着する性質があります。

皮膚のうるおいが減るとどうなるか?

潤っている正常な皮膚は
外からの刺激や微生物等の侵入を防ぎ
影響を受けにくい状態にあります。
しかし、
皮膚のうるおいが減少し
バリア機能が低下した状態の皮膚は
角層が痛んでしまい水分が逃げてしまうため、
乾燥して外からの刺激やアレルゲンの侵入を
容易く許してしまいます
つまり
皮膚疾患やアレルギー疾患などに
罹患しやすい状態になってしまうのです。
また、
皮膚が乾燥することによって
ちりめん場や線状のしわができてしまうことがあります。
そのままにしていると、しわが増えてつながってしまい
大きなしわになってしまうこともあります。

皮膚のうるおいが減ってしまう原因とは?

皮膚のうるおいが減って
乾燥してしまう理由として、
皮脂膜の性質が不安定なることが上げられます。
皮脂膜の状態が不安定になることによって、
皮脂膜本来の役割を遂行することが難しくなり、
皮膚のバリア機能が低下してしまうことで
様々な皮膚トラブルを起こしてしまう
原因となってしまいます。

皮膚のうるおいが減少し
乾燥肌になってしまう理由として、
年齢
気温
生活習慣
などがあります。

年齢

加齢とともに
皮脂量や細胞間脂質の量が
減少する傾向がみられます。
特に、
20歳を過ぎるとその傾向が強く現れます

気温

気温が低いと皮膚の代謝が低下するので
皮脂腺や汗腺の機能が悪くなることによって
皮脂膜の正常が悪くなってしまいます
また、
細胞間脂質や天然保湿因子の生成も低下するため
皮膚のうるおいを保つことが難しくなります
すると
細胞と細胞の間がスカスカになってしまい
皮膚の水分が次々と蒸発してしまうことになります。

生活習慣

温度調整器具(エアコンや暖房など)を使用することにより
皮膚の水分の蒸発を助長させてしまうことがあります。
また、
ディーソープやせっけんなど、
皮膚を洗浄するものによっては
皮脂膜や細胞間脂質などを余分に落としてしまい
皮膚の乾燥を助長させる一因となってしまうことがあります。

まとめ

今回は
皮膚が乾燥するとしわになる⁉乾燥のメカニズム
についてご紹介してきました。
皮膚の乾燥は
皮膚の掻痒感を招いたり、
しわの原因になってしまったり
いろいろと厄介な現象です。
原因になる要因を理解して
対処することが大切です。

スキンケア