マトリックスエキス

インナーケアって何?美肌を整えるための食事とは?

こんにちは。
今回は、
美しい肌ってどんな肌?美肌を条件
と題しまして
美しい肌を作るための食事について
ご紹介していきたいと思います。

美しい肌の状態とは?

よく化粧品やスキンケア用品のうたい文句で
「きめが細かい!」
「みずみずしい肌!」
「つやつや!」
などの言葉を目にしたことが多いのではないでしょうか。
こういった状態は、
美肌と呼ばれるための重要な要因となります。

そして、
このような美肌を築くためには、
皮膚の水分保持量や皮脂が適量で
バランスの良い状態
であることが大切です。
水分保持量や皮脂が過剰または不足していると、
色ムラやくすみの原因となって
美肌とはいいがたい状態になってしまいます

美しい肌を築くためには?

美しい肌を築くためには、
もちろんスキンケアなども重要にはなってきますが、
身体の内側から肌をキレイにするための
インナーケアも必要です。

主なインナーケアとして、
食事が上げられます。

美肌のための食事

私たちの身体は、
毎日摂取する食事で成り立っています。
つまり、
皮膚も日々摂取する食事で成り立っているため
食事内容に気を付けることで
美肌を整える要因となり得ます

美肌を整えるために必要な食事とは、
栄養バランスが整ったものであることが
重要です。
食物には3大栄養素というものがあり、
糖質
脂質
タンパク質
の3種類があります。

糖質

糖質とは、
炭水化物から食物繊維を除いたものです。
ご飯やパン、麺類などの
主食に多く含まれている栄養素で、
体内に入ると
1g=4キロカロリーのエネルギーとなり、
身体のエネルギー源として働く
とても大切な栄養素となります。
過剰摂取すると
肥満やニキビ、シミやくすみなど
皮膚トラブルの原因となってしまいます。
逆に摂取不足だと
体内の血糖値が低下し
集中力が落ちる、手足が震える、
最悪意識がもうろうとしてしまうこともあります。

脂質

脂質は主に
皮下脂肪として体の内臓を保護したり
寒さから守ったりする役割があります。

脂肪ののったお肉やお魚、バターや植物油などに
多く含まれます。

脂質は体内に入ると
1g=9キロカロリーとなり
3大栄養素の中でも
最も高いエネルギーを得ることができます。

脂質は2つの種類があります。
・飽和脂肪酸
 血液中の中性脂肪やコレステロールを増加させる。
・不飽和脂肪酸
 血液中の中性脂肪やコレステロールを低下させる

過剰摂取することで
肥満や動脈硬化症、高脂血症などの
生活習慣病に罹患する原因と
なってしまいます。
血液がどろどろになってしまうと、
栄養が身体に行き渡り辛くなり、
皮膚にも円滑かつ十分に栄養がいかず
キレイな肌を構成し辛くなる要因となる可能性も
あります。

摂取不足になると、
エネルギーが不足してしまい疲れやすくなったり
身体の抵抗力が落ちてしまうことがあります。

タンパク質

タンパク質は
筋肉や血液などを構成し、
肌の弾力を維持するのに欠かせないコラーゲンも
タンパク質でできています

タンパク質を多く含む食品として、
肉や魚介類、卵や大豆、乳製品
等があげられます。

タンパク質は体内に入ると
1g=4キロカロリーのエネルギーとなります。
20種類のアミノ酸で構成されており、
バランスよくアミノ酸を摂取することにより
タンパク質を生成することができます。

タンパク質の摂取不足になると
コラーゲンが不足して
しわやたるみの原因となってしまうと言われています。
また筋力低下や、それに伴って
基礎代謝量の低下にもつながる恐れがあります。

まとめ

今回は
美しい肌を作るための食事について
をご紹介してきましたが、
いかがだったでしょうか。

食事は肌のた眼だけでなく
健康を維持するために
最も大切な行動の1つです。
日々の食事内容に気をかけて、
バランスよく食事摂取することが
望ましいですね。

スキンケア