若返りのための肌ケア

肌に潤いをもたらす?保湿ケアの基本

こんにちは。
今回は、
肌に潤いをもたらす?保湿ケアの基本
と題しまして、
保湿ケアについて
ご紹介していきたいと思います。

皮膚本来のうるおいについて

皮膚のうるおいは、
表皮の角層周辺にある
皮脂膜
角質細胞間脂質(セラミド)
天然保湿因子
の3種類の成分で保たれています。
これらは、
アレルゲンや微生物から身体を守る
バリア機能としての役割や、
身体の水分の蒸発を防ぐ役割
担っています。

皮膚のうるおいが減って
乾燥などのトラブルにを引き起こしてしまう理由として、
皮脂膜の性質が不安定なることが上げられます。
皮脂膜の状態が不安定になることによって、
皮脂膜本来の役割を遂行することが難しくなり、
皮膚のバリア機能が低下してしまうことで
シワなどの様々な皮膚トラブルを起こしてしまう
原因となってしまいます。

保湿ケアについて

肌色が明るくふっくらともっちりとした
理想的な肌を手に入れるためには、
保湿力を高める適切なスキンケアが
必須です。

しかし、
化粧水をたっぷりつけて
肌に水分を補給すればOK
という考えでスキンケアを行っていては、
適切なスキンケアを行っているとは
言えません。

人間の皮膚は
皮脂や天然保湿因子をつくりだすことはできても
自ら水分を作り出すことはできないため、
外部から水分を補給することが大切となります。
が、
水分補給後にその上から膜を張って蓋をしなければ
皮膚の水分はどんどん蒸発してしまい、
保湿どころか皮膚がさらに乾燥してしまいます

化粧水などを付けるなどして
皮膚に水分補給をした後の
張る膜となるもの、
つまり蓋となるものは何なのか?
といいますと、
乳液やクリームなどの油分が
その蓋の役割をしてくれます。
なので、
化粧水をつけた後は
必ず油分を含んだスキンケア用品を塗布することが
大切となります。

肌のうるおいを高めることはできるのか?

急激に肌の潤いを高めることは難しいのですが、
肌質を改善して
肌本来の保湿力を最高の状態に保つことは
できます

例えば、
肌を乾燥させないよう、
新陳代謝を活発にして
水分を維持して保湿を心がけること
食事を整えて
肌の皮脂分泌量をコントロールする
などが有効となります。

特に食事による
皮脂分泌量のコントロールに関しては、
三大栄養素を意識した
バランスの整った食事を摂取することが
一番大切な事ではありますが、
特に脂質を心がけることが重要となります。
脂質を過剰に摂取しすぎると
顔が油っぽくなり
ニキビなどの原因となってしまいます。
逆に脂質の摂取不足になると
皮脂分泌量が減少して
肌の乾燥につながる要因にもなります。
脂質を摂取するときには、
脂質の過剰摂取をなるべく避けて
料理をする際は良質なオイルを選択するなど、
摂取する脂質の質を選ぶことが大切です。

まとめ

今回は
肌に潤いをもたらす?保湿ケアの基本
ということで
保湿ケアの基本をご紹介してきましたが、
いかがだったでしょうか?

普段行っているスキンケアでも、
保湿の基本や
皮膚本来の保湿力を高める方法を知っておけば、
皮膚に潤いを与えて
スキントラブルの防止に努めることもできます。

自分のスキンケア方法や
食事などのライフスタイルを
今一度見つめなおしてみては
いかがでしょうか。

アイテック製品を『無料』で1万円分購入できる方法を紹介!

 

[人気アイテック製品]
第1位 DDSマトリックスエキス
第2位 DDSスキンリムーバー
第3位 DDSスキンケアソープ
など、

人気のマトリックス製品を無料
1万円分購入できる方法をLINE@に
登録してくれた方にプレゼントして
います。

また、
アイテック製品のおすすめの使い方や
美容に関する質問を無料でサポートし
ています。

アイテック製品について質問や
商品の購入方法のサポートも丁寧に
教えていますので、わからない方は、
LINE@にメッセージをください。

興味がある方は、LINE@に、
・好きなアイテック製品(複数でも可)
・アイテック製品をいつ知ったのか?
・今の悩み

を書いて送って下さい。
よろしくお願いします。

LINE@の友達追加はこちらをクリック
⇒http://line.me/ti/p/%40pba4703s

スキンケア